AI(人工知能)開発

文化芸術創造拠点・京都プロジェクト AR技術能楽鑑賞事業Noh X AR

「文化芸術創造拠点・京都プロジェクト」能×ARを掛け合わせ、スマートグラス、タブレット端末上で3D映像となった能楽師・片山九郎右衛門氏の舞を鑑賞できるARアプリケーションの開発を行いました。
(担当:スケルトンクルースタジオ)

  • クライアント
    京都市
  • リンク
    公式サイト
  • デバイス
    • Microsoft HoloLens
    • スマートフォン
    • タブレット
  • 担当
    • 企画
    • アプリ開発
  • 開発言語
    • C#

一覧に戻る

ご質問・ご相談・ご依頼まで、
お気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちら